過去に夫の愛人から自宅に電話があり、私と会って話がしたいと言われました

デス書き込み

過去に夫の愛人から自宅に電話があり、私と会って話がしたいと言われました。薄々、女性の存在には気が付いてたのですが、電話で話している時の内容よりも私の事を「奥様」や「奥さん」と言わずに「お姉さん」と呼ぶのに対して非常に腹が立ちました。

「何で貴女にお姉さんと呼ばれなきゃいけないの!」と激怒して怒鳴ったのを覚えています。水商売で働く外国の女性だったので、夫が家庭を壊すとは考えていなかったのでいつか冷める熱病と思い放置していたのにわざわざ電話してくる様子に、逆に女性の方が何としてでも夫を手に入れたいと考えているのだと感じました。

わざわざ会う必要は無いと言い放つと自分の存在を認めて欲しいのでどうしても一度自分を見て欲しいというのには、正直呆れていました。容姿に自信があるのか、愛人として認めろというのはただただお金だけが目当てか、と考えを巡らせました。

そして「お姉さんとも仲良くなりたい」と涙声で言う始末には、この女には話す事も会う必要もまったく無いと感じて丁重に電話を切りました。その日帰宅した夫にこの一件を話すと土下座で許しを請われ、それ以降は女遊びも無いようです。

新しいパトロンが見つかって悠々自適に暮らしているのか、もう日本で稼ぐ事が出来ない年代になって自国で相変わらずの水商売をしているのか分りませんが、知りたくも無いしどうでもいいけど。

日本人は情け深い、涙に弱いとでも学んできたのでしょうが事と場合という勉強もするべきでしたね。「お姉さん」と他人から、しかも見ず知らずの夫の愛人から呼ばれて親しみを持つ女性は日本人にはいません。

吐き気がするほどの嫌悪感を覚える思いをしたのは、後にも先にも貴女から「お姉さん」と呼ばれた事のみ。貴女がどこでどうやって暮らしていようが知った事ではありませんが、残りの人生をその汚れきった心と体を悔い改める時間にお使いになる事をお薦めします。

貴女がもしも家庭を持つ事が出来ているなら、夫となった方にこれまでの悪行がばれない様に、浮気をされないように、毎日祈りながら生きて下さい。低俗な生き方をまだしているのならこの先「お姉さん」と相手の奥方を呼ぶのは二度としない事です。

0
nalinasam 3年 0 デスコメント 464 アクセス 5

コメント